Blogブログ

カラーバターについて

ヘアカラーでもマニキュアでもなくカラートリ―トメントの一種であるカラーバターについて紹介していきます。

主な特徴として、

・どれだけ使っても傷まない

・主成分の90%がトリートメントで出来ている。

・カラー展開が豊富で絵の具のように混ぜて使う事ができる。

・放置時間は約30分

・通常のカラーと違い、シャンプーせずにお湯で濯ぐだけでも大丈夫。

といった感じになります。

ヘアカラーにはジアミンアレルギーやアルカリアレルギーがあります。

カラーバターに関してはジアミンを配合していないことと、アルカリ性の成分を配合していない事で、安全性はとても高くなっています。

カラーバターをしっかり染める方法は、促進機を使用して温めるのが大事になります。温める事でトリートメントの浸透が良くなり、髪質が良くなるとともに色も浸透していきます。

基本的にブリーチをして、明るいベースでないとキレイに染まりません。

なのでハイトーン系やビビット系のカラーにおすすめです。

特に人気なのは、シルバーやミルクティー、原色に近いピンクやパープルが人気です。

開放的な気分になるこの時期にぜひお試しください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事