Blogブログ

インディゴブルー

ヘアカラーのご紹介です。

最近は、髪を傷めずに染毛できるお薬がたくさん出ています。

マニキュアのような性質をもったカラーバタ―や、カラートリートメントの事をさします。

業界的にも、カラフルな色味の発色は普通のカラー剤よりもいい点と、ダメージ毛との相性がいい点で徐々に主流になってきています。

今回のインディゴブルーはその一種、塩基性カラーで染め上げた仕上がりになります。

1回のブリーチを施し、そこに塩基性カラーを施しました。

塩基性カラーの特徴は時間です。マニキュアに似ているのですが、およそ放置時間はマニキュアの半分以下で染まります。

なので、シャンプー台で染毛出来たり、時間のない人には嬉しいカラーです。

しかもノーダメージ。すごいです。。

グレイヘアに関しては、退色してしまって不向きですがいずれはグレイヘアも染めれる日が来そうです。

発色がかなり良いのと傷まない事でより多くのお客様がチャレンジしやすいヘアカラーになったと思います。

洒落た雰囲気バツグンですのでand Cでヘアカラーしてみてはいかがですか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事